Yoga

IMG_3178.JPG
 
 

Yoga

幼い頃から運動が大好きでした、勉強はあまり得意じゃなかったけど走ると誰にも負けなかったので母は私に頼みごとをする時に『キヌは足が早いけんすごいね〜、チャチャッと行って来て〜』と上手く褒められて全力で御使いに行ってました。大人になっても身体を動かす事は生活の一部で、スポーツは何でも大好きでした。18年前にアメリカで初めてヨガクラスを受けた時に感じたのは、これだけ身体を動かしているのに柔軟性の無いことにショックを受けました、決して激しい動きでは無いけど全く自分の身体をコントロール出来ない、体力には自信があったのにクラスについて行けない!身体と心の繋がりが全く感じれない自分に気がつきました。要は心と身体がバラバラ。でもクラスが終わった後の爽快感は素晴らしかったのでヨガに興味を持ちました。それ以降自己流でヨガの練習を続けましたが、一人で学ぶには限界があったのとヨガの世界を知りたいと思い認定講師になりました。私が何でヨガが好きかというと、自分と向き合うきっかけをくれました。身体を使う事は他のスポーツと変わらないけれど、ヨガは意識を置きながら自分の中を覗く作業かな。なんか偉そうな事書いてますが、ヨガの練習してて色々な想いが巡って練習を止めたり、飼い猫にスリスリされて猫と遊び出したり、途中でコーヒー作って飲んだり、ま〜色々と雑念が頭を支配するわけです。毎日自分の心の状態は違うわけで、体調が毎日違うのと一緒ですね。私はそれに気がついただけでも大満足です。そして自分を大事にする事。これ、とっても大事だと思います。言う事は簡単だけど実行する事は難しいです。だけど自分を大事に愛する事はまず自分を知ることから始めないといけないなと思うようになりました。ヨガはキッカケ、でも素晴らしいツールです。

Yogaを教える

今まで私のクラスを受けにきてくれた友達、私を知らずに来てくれた初対面の方々。私がヨガを教え続けたいのは皆さんが喜んでくれるからです。私は海外に行く機会に恵まれましたし色々な国の先生のクラスや、人種の違う人達が集まるクラスにも参加できる経験もさせてもらっています。その中で感じるのは、ヨガを教えると言う事はサービスだなと。Service (奉仕)私の尊敬する先生が言ってました 『 自分のエゴは靴と一緒に玄関に置いて来ましょう 』クラスは教える先生のエゴクラスであっちゃいけんのです、クラスは来てくれた人に一生懸命奉仕する、決して自分中心のクラスじゃダメだと教わりました。そして、人間力を高めましょうって。良い人間になるとは永遠のテーマですね。何でもそうですが、何かを教えるとは奥深いなと感じます。日々勉強です!頑張りすぎず頑張るぞー!